指輪の交換にも順序がある!スマートに決めるにはどうする?

結婚式で指輪を交換する意味

結婚式の準備をするのも楽しいひとときですが、式場の手配や引き出物などを選びながら指輪の交換なども上手くいくように練習したりもします。その一方で、なぜ指輪を交換するのかふと考えてしまったりする事はないでしょうか。先輩カップルたちは当たり前のように交換していますから、自分たちもそうするのが当たり前と思って行うわけです。もちろん意味はきちんとあって、指輪を交換することでお互いの愛を永遠に誓うのだとされています。式の一連の流れでもゲストたちの目が集まる大きな見せ場の一つですから、慌てずにスマートに行えるように手順の確認をしておくと、格好良くできてより良い思い出としてみんなの心の中にずっと残る事でしょう。

指輪交換の際のポイント

指輪を相手の指にはめるだけと思えば一見簡単そうなのですが、緊張するシーンなので意外と失敗しやすいです。まず全体的に気をつけることとしては、動作をゆっくりする事でしょう。慌てる必要はありませんし、お互いの手元を良く見て「永遠の愛を交換する」という気持ちで行えば大丈夫です。新婦は特にグローブをはめたりブーケを手にしていることもあるので、一旦置く時もせかせかするのではなくて、ゆったりとした動作で優雅な雰囲気を出せるように心がけるだけでも十分に美しく見えます。指部分がないフィンガーレスタイプのグローブを使うのもおすすめです。写真に撮ってもらう場合には、手や指の形が見えるようにまっすぐ揃えておくと綺麗なので、式場スタッフと相談しながら練習しておくと安心して交換することができるでしょう。

サプライズで結婚指輪をプレゼントされると嬉しいものです。サプライズするためには相手の指輪のサイズを事前に知っておく必要があります。