これだけ押さえれば大丈夫!結婚式場の選び方

理想の結婚式を挙げるためには

結婚式を挙げると決めて最初に悩むのは、結婚式場をどこにするかでしょう。ブライダルフェアに申し込むにも、ある程度の数に絞り込まなければいけませんよね。また複数の結婚式場を見学すると、どこも素敵に見えてしまって決めきれない人もいるのではないでしょうか。今は専門式場以外にも、ホテルやゲストハウス、レストランなど多くの選択肢があります。しかし、大切なのは「どのタイプの結婚式場を選ぶか」ではなく、「自分の理想を叶えてくれるのはどの結婚式場なのか」をイメージすることです。

挙式様式、やりたい演出・プログラムなど、絶対にやりたいことをイメージしてみてください。そのイメージを確かに持ったままブライダルフェアに臨めば、自然とどの結婚式場にするのか、選択肢が狭まってくるはずです。

見積もりをもらう際のテクニック

理想のイメージが固まれば、次は現実を見ることも必要です。結婚式費用は人数や内容によっても幅が出ますが、一般的には350万円程度かかるとされています。ここで問題となるのが、「見積もりの金額=実際の結婚式費用ではない」ということです。基本的にブライダルフェアの時にもらう見積もりには、最低限の費用しか記入されていません。やりたいことが多ければ多いほど、当然費用は高くなります。

見積もりをもらう際には必ず「料理は真ん中のグレードに設定してもらう」こと、「やりたい演出等の内容も見積もりに含めてもらう」ことをお願いしてください。そうすれば最終的に内容が変更になっても、大きなダメージを受ける可能性は少ないでしょう。私はブライダルプランナーの姉からこの方法を教わり、実践した結果、プラス10万円程度に抑えることができました。

京都の結婚式場は、招待客を大勢呼べるタイプや身内だけの少人数タイプの結婚式など様々な結婚式のタイプに対応しているところが多いです。